top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

飲食店もTikTokを活用しよう!活用事例も併せてご紹介

更新日:2023年9月15日




TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

今回はTikTokを使った飲食店の活用事例をご紹介していきます。

この機会にあなたのお店でもTikTokを活用してみませんか?


🔻独自のキャンペーン発信

飲食店は独自のキャンペーンを作成し、呼びかけることで集客につながりやすくなります。さらに、ユーザーに関連するテーマでクリエイティブな動画を投稿するよう呼びかけることで、さらに認知度を広めていく方法などもあります。

   


🔻インフルエンサーとのコラボレーション

有名なTikTokクリエイターやインフルエンサーと提携し、その人気を活かして商品やサービスを宣伝するケースがあります。インフルエンサーのフォロワー層にリーチすることができます。またTikTokを見た方限定のサービスを用意しておけば、TikTokからの集客数を把握することも可能です。



🔻制作過程映像で裏側を公開

飲食店の裏側やメニュー開発のプロセスを公開することで、フォロワーとの親近感を深めることができます。ユーザーは裏側を知ることによって商品への理解が深まり、来店につながります。


   🔍検索ワード:開発の裏側



🔻ブランドショートムービーで新商品の宣伝

新メニューに関連した短い動画を作成することで、主にSNSでの情報収集を行っている世代にリーチすることができます。飲食店は、新メニューや期間限定メニューを紹介することで新規顧客も集まりやすくなり集客に繋げられます。


  🔍検索ワード:期間限定メニュー



🔻TikTokで求人

TikTokは主に短い動画コンテンツを共有するためのプラットフォームであり、求人情報を探すための主要なツールではありませんが、一部の企業や個人は創造的な方法で求人情報を募集し、求人応募サイトに誘導しています。同時に意見を募集することによってコメントが集まり、動画が拡散されやすくなると言ったメリットもあります。


  🔍検索ワード:カフェ店員募集





🔻TikTokを始めてみよう

今回ご紹介したTikTok活用事例は一部であり、他にもユニークで関心を惹く活用方法はかず多くあります。まずはご自身のお店にあった活用方法を探してみてください。

ですが、実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせるには、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とする誰かに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?急激な成長を続けているTikTokでは、エンタメ系のショートムービー以外にも様々な活用方法があることを知っていただけたのではないでしょうか。

バズる動画の法則をしっかりとわかっていれば、バズる可能性もより高くなります。

バズる可能性が高くなれば、ご自身のお店をより多くの方に知ってもらえる可能性があるということです。ご自身のお店を多くの方に知ってもらえれば、ユーザーの選択肢の中にあなたのお店や会社が加わるということです。

今、経営がうまくいかず悩まれている方も少なからずいらっしゃると思いますが、一人で抱え込める量には限界があります。プロの意見を聞いてみる時間を設けることは決して無駄にはならないと思います。

この機会にぜひTikTokを活用してみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page