top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokを使った集客戦略!活用する際の注意点




TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。現在では多くの企業や飲食店が取り入れ、自身のブランドの広告などに活用しています。

今回は、TikTokを活用する際の注意点をご紹介していきます。



🔻コンテンツのクオリティ

プロのような高度な技術は必ずしも求められません。

むしろ、素朴で親しみやすい動画が多くのユーザーから愛されます。スマートフォンで撮影した動画でも十分ですが、ビデオの画質や編集、音楽の選曲など、”親しみやすいけど見ていて魅力を感じる映像”が好まれる傾向にあるため、大切なのは、視覚的に楽しく、飽きない動画であることです。



🔻著作権とライセンス

TikTokでは音楽や他のコンテンツを使用する際に著作権に気を付ける必要があります。許可のないコンテンツを使用することは法的な問題を引き起こす可能性があるため、公式の音楽ライブラリを利用するか、許可を得た音楽を使用するように心掛けましょう。



🔻プライバシーとセキュリティに配慮

プライバシーに配慮したコンテンツ制作を心がけましょう。他人のプライバシーや個人情報を尊重し、自身の個人情報を適切に管理することが大切です。また、セキュリティ設定を確認し、アカウントの安全を確保しましょう。せっかくフォロワーが増えてきたのに乗っ取られてしまった、、、なんてことになってしまってはもったいないですからね。



🔻適切なハッシュタグの使用

適切なハッシュタグを使用して、ターゲットユーザーにアプローチすることが重要です。ハッシュタグをつけないとユーザーに見つけてもらいにくくなります。せっかく作成した動画ならできる限り多くのユーザーに見てもらいたいですよね。一般的なハッシュタグやブランド固有のハッシュタグを活用して、関心を持つユーザーにアピールしてみましょう。



🔻誠実さを持った動画

ユーザーに対して誠実で透明性のあるコンテンツを提供することが信頼を築く鍵です。お店の紹介やサービスの宣伝を行う際に、正直かつ客観的な情報を提供し、誇張や誤解を避けるようにしましょう。TikTokはコメントを気軽にできる場でもあるため、誤解を招いてしまうと批判的なコメントがついたり、あまり喜ばしくないコメントがついたり。一生懸命やってきたお店を悪く言われてしまうのは悔しいし悲しいですよね。

自身の素敵なお店の評判を自身の作成した動画によって下げてしまうのはとてももったいないことなので、ユーザーに信頼される様な動画作成を心がけましょう。



🔻規約とガイドラインの遵守

一番注意したいのが規約とガイドラインに反さない様にすることです。TikTokの規約とガイドラインに従ってコンテンツを作成し、プラットフォームの利用規約を守りましょう。違反するとアカウントが制限される可能性があります。制限されたアカウントの制限を解除するのには時間がかかってしまうため、事前に規約とガイドラインは見ておく様にしましょう。



🔻定期的な投稿

TikTokは流れが速いため、定期的に投稿することでユーザーの視界に入る機会を増やし、認知度を上げることができます。せっかく始めたのに投稿しないのはもったいないですよね。自社のアカウントを運営していく際には、予約状況や新メニューなどの情報発信も兼ねつつ、毎日投稿するのが理想ですが、まずはご自身の時間に合った頻度で構わないので、定期的に投稿することを心がけましょう。



🔻TikTokは誰でも始められるSNS

いかがでしたか?簡単に使えるSNSだからこそ、上記の注意点を押さえるだけでクオリティを上げることができます。インストールすればTikTok内で編集も可能なので、誰でも簡単に投稿が可能です。

ですが、実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、だからなかなかTikTokを始められない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とするプロに任せてみるのはいかがでしょうか?



TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

あなたのお店だからこそ提供できる商品の価値をより多くの人に知ってもらうために、TikTokのようなショートムービーで自身のお店をPRしてみてはいかがでしょうか?

また、TikTok✖️飲食店のメリットをうまく活用すれば、かなり他の飲食店との差別化を図ることができるようになります。皆が始めてしまってからでは、より難しくなってきてしまうので、これを機に、飲食店を経営されている方はぜひアカウントを開設してみてはいかがでしょうか。


Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page