top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokで飲食店集客!投稿する際の効果的なポイントについてご紹介!



TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

TikTokは、さまざまな業界で集客ツールとして活用されています。中でも飲食・グルメ系のショート動画が爆発的に人気なので、参入を検討する企業や個人事業主が増えています。

今回は飲食店がTikTokに投稿する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

この機会にあなたのお店でもTikTokを導入してみよう!



🔻①トレンドを取り入れる



TikTokには今の流行り、いわゆる「トレンド」があります。TikTokを開くとよく流れてくる音楽があれば今の流行りの曲だな、などなんとなくわかるかと思いますが、流行っている楽曲を使用したり、トレンドのハッシュタグを取り入れた動画を投稿することで、より多くの人に見られやすくなります。

トレンドのタグは、トップページの左側のメニューにある「トレンド」に掲載されています。トレンドは常に変化するため、常にアンテナを立ててトレンドを取り入れましょう。



🔻②ハッシュタグを活用する



TikTokだけではなく、SNSにはユーザーが「#(ハッシュタグ)」を辿って、お気に入りの投稿を見つけるという特徴があります。

SNS内のトレンドタグは、より多くの人が回遊するため、閲覧数が爆発的に伸びる傾向にあります。

動画に最適なハッシュタグはもちろんですが、有名なハッシュタグだけではなくニッチなハッシュタグによって閲覧数を伸ばすことも可能です。

TikTok内にどのようなタグがあるのかご自身のお店に合うキーワードを入力して検索するのも有効といえます。

TikTokは「#TikTokグルメ」や「#TikTokグルメマップ」などのハッシュタグがトレンドに入りやすく、グルメ系の投稿は閲覧数が伸びやすい環境にあります。また、地域を絞ったタグ「#〇〇グルメ(〇〇には県名や市町村名)」をつけることで、地域ユーザーのみならずその地に観光で訪れたユーザーにもリーチすることが可能になります。

ハッシュタグを活用すれば、多くの人に閲覧され、それだけではなく拡散されやすいというメリットがあるので、ハッシュタグは必ずつける様にしましょう。

おすすめのハッシュタグもご紹介します。

まずはバズっている飲食店や自身のお店と近いジャンルの飲食店のハッシュタグを見てみることもおすすめです。



🔻③料理以外の魅力も取り入れる



TikTokで宣伝する際には料理以外の魅力を伝えることも重要です。

クリエイティブなコンテンツがバズりやすいSNSでもあるため、通常とは違う角度から宣伝することも一つの手だと言えます。

例えば、従業員を投稿に出演させ、働いている様子などを映したり、店主や従業員のキャラクターをウリにしてフォロワー数や閲覧数を伸ばしているアカウントも数多く見られます。

加えて店内の雰囲気や周囲の環境など、どんなニーズにマッチするのか提示するのもおすすめです。

「デートで利用したい」「女子会で利用したい」「子供連れでも行けるお店なのか」と、さまざまなニーズがあるため、飲食店のターゲットを明確にしてユーザーに分かりやすく提示することでマッチしやすくなります。



🔻④宣伝のしすぎには注意

同じCMを何度も見ると飽き飽きしてしまいますよね。そう感じる様に同じ様な宣伝が続くとユーザーは見飽きてしまい、「またここか」と思う程度の関心になってしまい、離れていく原因になってしまいます。

制作者側の「買って欲しい」「来て欲しい」という意図が見えると投稿に対して冷めてしまいまうため、宣伝しすぎないようにバランスを取りましょう。動画を投稿する前に、「見た人が不快な気分にならないか」「宣伝が全面にでていないか」といった客観的な視点で判断することが大切です。



🔻⑤リンクを連携させる

リンクを貼り付けることによって、ユーザーの来店までの動線をスムーズに確保することができます。調べるのが面倒だと思うユーザーも多くいるため、食べログなどのリンクを貼っておくことで、メニューを見たり、お店の雰囲気、予算、予約可能な日時を閲覧できるシステムを用意することで、ユーザーの誘導をしましょう。

リンクの設定は都度投稿画面で行うため、忘れないように注意しましょう。



🔻若い世代にリーチすることができるからこそ

TikTokは特に若い世代に人気があります。飲食店を探す際にインスタグラムやTikTokを使用して好みのお店を探す若者が多く、実際に利用してみた感想なども拡散されやすいため、認知度を上げるためには相性が良いと言えます。

ですが、拡散力が強い若者世代だからこそ、悪い口コミなども拡散されやすい傾向にあります。「店員の態度が悪かった」「お店が汚かった」など、そう書かれてしまうと少なからず客足は遠のいてしまいます。

飲食店はユーザーに満足してもらえるサービスを提供し続けていかなければなりません。



🔻実際にTikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのに、たくさんの魅力があり、フォロワー数など関係なく、誰でもバズる可能性があります。

今は平日の予約に少し空きがある、連日予約いっぱいの繁盛店になりたい、そう思っている方も少なくないと思います。今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

現状の集客に満足されている方も、TikTokは取り入れるべきだと言えます。

周りが新しいことを始め、成長している中での現状維持はある意味「衰退」と言えると思います。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とするプロに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?急激な成長を続けているTikTokでは、エンタメ系のショートムービー以外にも様々な活用方法があることを知っていただけたのではないでしょうか。

ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。

あなたの素敵なお店を衰退させないためにも、この機会にぜひあなたのお店でもTikTokを取り入れてみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page