top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokで集客できる理由をご紹介!




TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

TikTokは、さまざまな業界で集客ツールとして活用されています。中でも飲食・グルメ系のショート動画が爆発的に人気なので、参入を検討する企業や個人事業主が増えています。

今回はなぜTikTokが集客につがるのかをご紹介します。

この機会にあなたのお店でもTikTokを導入してみよう!



🔻①利用者が多い人気SNS




TikTokは利用者が多い人気のSNSアプリケーションです。

実際、日本の月間アクティブユーザー数は、2019年時点で950万人を記録しています。このことから、YoutubeやInstagramと肩を並べて利用頻度が高いSNSだとわかります。

また、TikTok利用者の平均年齢は34歳程度というデータがでています。つまり、TikTokマーケティングで集客する場合は、10代~30代に広く認知できるということです。


🔻②求めているユーザーに直接情報提供ができる



TikTokマーケティングで集客できる理由の一つに、求めているユーザーに直接情報提供できることが挙げられます。

TikTokは新しい動画への反応が高い場合、おすすめ上位に表示されやすいアルゴリズムがあります。そのため、不特定多数のユーザーにリーチする確立が高くなり、効率的に情報提供できます。

また、SNS内のトレンドタグは、より多くの人が回遊するため、閲覧数が爆発的に伸びる傾向にあります。

ハッシュタグを活用すれば、検索をかけた多くの人に閲覧され、それだけではなく拡散されやすいというメリットがあるので、ハッシュタグは必ずつける様にしましょう。



🔻③話題になりやすく拡散されやすい




TikTokを使って集客がしやすい理由の一つは、話題になりやすく拡散されやすいからです。

TikTokのアルゴリズムは、閲覧数やいいねの数が多い動画はおすすめ動画にのりやすく再生数が増加します。

つまり、TikTok内で「バズらせる」ことができれば、自動的に多くの潜在顧客に拡散されやすいです。自分の店を認知していないユーザーに、企業側からアプローチできます。

また、Instagramと同様に、「SNSで人気→その店に行ってみたい」という流れができるので、新規顧客が増えることが期待できます。


🔻④動画でリアルに伝えられる


TikTokが企業の集客に向いている理由は、動画によってよりリアルな情報を訴求できるからです。

現在、ネットユーザーはリアルなモノほど興味を引く傾向にあります。リアルを伝える媒体として、静止画よりも動画の方が優位性が高いのでTikTokがピッタリです。

例えば、飲食店でチーズの料理を紹介するときに、動画の方がチーズの伸びを伝えることができます。

動画を用いる事で写真や文字よりも魅力的なコンテンツが作れるのが、TikTok集客の魅力の一つです。


🔻⑤リンクを連携させらる

リンクを貼り付けることによって、ユーザーの来店までの動線をスムーズに確保することができます。調べるのが面倒だと思うユーザーも多くいるため、食べログなどのリンクを貼っておくことで、メニューを見たり、お店の雰囲気、予算、予約可能な日時を閲覧できるシステムを用意することで、ユーザーの誘導をしましょう。

リンクの設定は都度投稿画面で行うため、忘れないように注意しましょう。



🔻若い世代にリーチすることができるからこそ

TikTokは特に若い世代に人気があります。飲食店を探す際やお出かけ先、流行りのお店を探す際にインスタグラムやTikTokを使用して好みのお店を探す若者が多く、実際に利用してみた感想なども拡散されやすいため、認知度を上げるためには相性が良いと言えます。

ですが、拡散力が強い若者世代だからこそ、悪い口コミなども拡散されやすい傾向にあります。「店員の態度が悪かった」「お店が汚かった」など、そう書かれてしまうと少なからず客足は遠のいてしまいます。

ユーザーに満足してもらえるサービスを提供し続けていかなければなりません。



🔻実際にTikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのに、たくさんの魅力があり、フォロワー数など関係なく、誰でもバズる可能性があります。

今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

現状の集客に満足されている方も、TikTokは取り入れるべきだと言えます。

周りが新しいことを始め、成長している中での現状維持はある意味「衰退」と言えると思います。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とするプロに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?急激な成長を続けているTikTokで集客できる理由がわかったのでハニでしょうか?

ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。

あなたの素敵なお店を衰退させないためにも、この機会にぜひあなたのお店でもTikTokを取り入れてみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page