top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokでマーケティングを行う強みとは?飲食店でも取り入れよう!

更新日:2023年11月24日



TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

元々は10代の若い世代が主に使用していたTikTokですが、ユーザーの平均年齢は年々上昇しており、現在TikTokユーザーの平均年齢は34歳

年齢層では、特に30代・40代の男性の増加が著しいです。若い世代特有のSNSだったものから幅広い年齢層に使用されるSNSへと変化したため、多くの企業がTikTokマーケティングを行い自社製品のPRを行っています。

今回は、TikTokを使用したマーケティングの強みについてご紹介します。



🔻①広告への嫌悪感が少ない


YouTubeなどのある一定の時間見なければスキップすることが出来ない強制視聴の広告とは違い、TikTokの広告は、強制視聴ではありません。

ユーザーが視聴したくない動画はスキップすることが可能です。

TikTokでは、ユーザーが興味のない動画から興味のある動画までさまざまな動画が「おすすめ」に掲載されます。ユーザーの多くは1日に平均して一時間、この「おすすめ」を閲覧します。

掲載されたおすすめ動画を最後まで視聴するユーザーが多く、フォローの有無に関わらず「知らない動画への前向きな捉え方」が出来ています。

そのためTikTokのおすすめ欄に記載された広告動画でもユーザーが嫌悪感を抱くことは少ないです。


注意点:他のSNSと比べて広告感が薄いため、ユーザーに広告であると気づかれづらいです。そのため、広告感が薄く売上に直結しない可能性があります。

商品や割引クーポンで直接的に訴求をする広告では、ユーザーは広告であることを強く認識してしまい、動画が最後まで視聴されにくくなってしまいます。

「企業や商品を紹介する」「企業ブランドの認知度を上げる」など、間接的に商品やサービスを宣伝する訴求を求めましょう。

   


🔻②消費金額が高い


TikTokユーザーは動画で紹介されたものへの消費に積極的です。

例えばショッピングモールで流行りのコスメを見つけると「TikTokで見たことのあるもの」として手に取りやすくなります。

TikTokを経由した支出平均は約8万5862万円で、SNS全体平均の4万2538円と比較をしても2倍以上の支出を記録しています。

つまり、ユーザーが興味を持っている商品やサービスであれば、動画から商品・サービスの購入へとつなげやすいプラットフォームなのです。



🔻③拡散力が高い


TikTokはアカウントの評価よりも、動画を単体で評価するアルゴリズムが採用されています。500人程度のユーザーにランダムに配信し、動画単体で、アルゴリズムによる評価が下されます。

フォロワーの少ないアカウントでも、ターゲットに響く質の高い動画を制作すれば、拡散される可能性は十分にあります。これがいわゆる「バズる動画」です。


【良い動画と判断される基準】


  • 長く視聴されている

  • 視聴完了率が高い

  • 何度も見返されている

  • いいね・コメント・共有などのリアクションが多い

  • 視聴後に 視聴者が購買に結びつく行動をしている


注意点:TikTokは拡散されやすい動画のため、炎上するリスクもあります。 炎上した動画はTIkTokからTwitterやFacebookへ拡散し、多くのユーザーに対しネガティブな印象を与えてしまう恐れもあります。

動画を投稿する際には、ユーザーの心理を読み取りながら「不快」と感じさせる動画を発信しないように注意をしながら運用してください。

また、複数人での運用を行い、動画のチェックを行うことが重要です。 動画配信前にチェックを行う仕組みづくりをしましょう。



🔻TikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのにこんなに強みがあるんです今は平日の予約に少し空きがある、連日予約いっぱいの繁盛店になりたい、そう思っている方も少なくないと思います。今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とするプロに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?急激な成長を続けているTikTokにはいくつもの強みがあることを知っていただけたのではないでしょうか。

ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。

この機会にぜひあなたのお店でもTikTokを取り入れてみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page