top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokでバズらせよう!TikTokの成功事例もご紹介!





TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

そんなTikTokを使ってご自身の飲食店をバズらせてみませんか?

バズりやすくなる方法をご紹介!



🔻そもそもバズるってどういう意味?

「バズる」とは、インターネット上で急速に拡散されることを指すスラングです。主にSNS(ソーシャルメディア)や動画共有サイトなどで、あるコンテンツ(写真、動画、記事、ツイートなど)が多くの人に共有・拡散され、急速に注目を集めることをいいます。

一般的にはユーモア、感動、驚き、興味深さなど、人々の共感を呼び起こすようなコンテンツが多く拡散される傾向があり、有名人やインフルエンサーが関わることで、より広範な層に拡散されることもあります。

ただし、バズることは予測が難しく、たくさんのコンテンツがアップロードされる中で、本当にバズるかどうかは予測できない場合もあります。それでも、面白い、感動的な、興味深いコンテンツを発信することで、バズる可能性が高まります。

なお、バズることには良い側面もありますが、時には炎上してしまうこともあるため、注意が必要です。バズるコンテンツを作成・共有する際には、他の人を傷つけないような配慮と慎重さが必要です。


どう言った動画を作ればバズりやすくなるのかわかりやすくご紹介!



🔻コンセプトを決めよう

TikTokでは多様なエンターテイメントコンテンツを視聴できます。

まずは、独自のコンセプトを持つことで、顧客に新たな体験や価値を提供し、差別化を図ることができます。また、コンセプト=ブランドのようなイメージもあるため、他にないコンセプトを作ることができればより集客にも繋がりやすくなり、話題性も生まれるため拡散されやすくなります。


🔍検索ワード:友達がやってるカフェ



🔍検索ワード:癖が強い麺屋れいわ



🔻オリジナル商品を作ろう

”独自の製法で作ったラーメン”と言われても、見た目に既視感があるとユーザーは「どこでも同じ」と認識してしまう傾向にあります。盛り付けを一風変わった盛り付けにしてみるなど「このお店でしか食べられない」「〇〇といえばここだよね」とユーザーに思ってもらえるような、見た目にもインパクトのある商品がTikTokでは多く再生されています。



🔍検索ワード:10円パン


🔍検索ワード:ここでしか食べられない




🔻料理の調理風景や特別な盛り付けを撮影

料理の調理過程や美しい盛り付けは、視覚的に魅力的で共感を呼び起こすことができます。料理の制作プロセスをタイムラプスで撮影したり、アートのような盛り付けを見せると注目される可能性が高まります。

また、TikTokの特徴の一つに、クリエイティブで面白い動画が共有されやすいことがあります。調理過程や美しい盛り付けというより、お店の雰囲気を伝えたい際には、飲食店の料理や店内の雰囲気をユニークな方法で紹介し、視聴者の興味を引くようなコンテンツを作成することで、イメージの相違が生まれにくくなるでしょう。







🔻インフルエンサーとのコラボ

より早く集客に繋げたい!一発で認知度を上げたい!という方は、人気のあるTikTokクリエイターやインフルエンサーとコラボすることがいちばんの近道になります。彼らのフォロワーにもリーチすることができるため、より速い拡散スピードで自身のお店の認知度を広めていけるでしょう。ですが、何万人とフォロワーのいるインフルエンサーに依頼をすると、1フォロワー×2.5円など、かなり高額な依頼費が発生することも。まずは自身のお店に適切な方法で認知度を上げていくことがおすすめです。




🔻TikTokで自分のお店をバズらせよう

上記のアプローチを試して、飲食店のTikTokアカウントをバズらせてみましょう。

ですが、実際に撮影をしてみると、思ったように撮れなかったり、お店の良さを伝えきれていないなと感じたり、せっかく頑張って撮ったのに全然再生されない、、、なんてこともあると思います。

バズらせるには、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、流行りに敏感でユーザーの興味を引く動画作成を得意とする誰かに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?TikTokでバズらせるには色々な共通点があることを知れたのではないでしょうか?

バズる動画の法則をしっかりとわかっていれば、バズる可能性もより高くなります。

バズる可能性が高くなれば、ご自身のお店をより多くの方に知ってもらえる可能性があるということです。ご自身のお店を多くの方に知ってもらえれば、飲食店を選ぶ際の候補にそのお店が加わるということです。

今、経営がうまくいかず悩まれている方も少なからずいらっしゃると思いますが、一人で抱え込める量には限界があります。プロの意見を聞いてみる時間を設けることは決して無駄にはならないと思います。

あなたのお店だからこそ提供できる素晴らしい商品を、どうか無くさないでください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page