top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

TikTokが飲食店に与える影響とは?




TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

TikTokは、さまざまな業界で集客ツールとして活用されています。中でも飲食・グルメ系のショート動画が爆発的に人気なので、参入を検討する企業や個人事業主が増えています。

今回はTikTokが与える影響と、TikTokでさらに成功をした飲食店の事例を併せてご紹介します。


🔻まずはTikTok For Business


TikTokをビジネス活用するなら知っておきたいことの一つに、「TikTok For Business」があります。TikTok For Businessとは、TikTok上にショート動画をはじめとした広告を掲載できるサービスのことです。

TikTok For Businessを活用することで、企業は広告だと思わせない広告コンテンツの作成やハッシュタグチャレンジの実施ができるようになります。また、宣伝の目的と予算、ターゲットなどを設定するだけで広告を投稿できるため、TikTok運用に関する知識がなくとも簡単に利用できます。


🔻TikTokがビジネスに与える影響



TikTokのビジネス活用が企業にどのような影響を与えるのかについて解説します。TikTokをマーケティングツールとして活用すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。


①若年層にリーチできるようになる

TikTokは主に若年層のユーザーが利用するSNSであることから、TikTokを活用すると若年層にリーチしやすいという特徴があります。中高生や20代前半など、若年層をターゲットとする商品やサービスの認知拡大や売上げ向上を目指す場合は、TikTokの活用が効果的です。


②ブランド認知度を向上できる

企業がTikTokを活用することで、ブランド認知度の向上が図れます。他のSNSが「文字」や「画像」メインなのに対し、TikTokは「動画」が中心なため、伝えられる情報量が多く、認知拡大につながりやすいという特徴があります。

訴求力が高く、ユーザーの記憶に残りやすいTikTokは、認知拡大を図りたい企業が積極的に使うべきSNSの一つです。


③フォロワー数が少なくてもバズりやすい

従来のSNSでは、拡散やバズを狙うには一定数のフォロワーを獲得していることが必要不可欠でした。というのも、投稿を目にするフォロワーがいなければ、フォロワー以外のユーザーに投稿を広めることは容易でないからです。

しかし、TikTokのメインページでは、フォローの有無に関係なく、人気の動画やユーザーの視聴履歴にもとづいたおすすめの動画が独自のアルゴリズムで表示されます。InstagramやTwitterのタイムラインと異なり、フォローしていないユーザーの動画が次から次へと表示されるのです。

そのため、始めたばかりのアカウントでも動画の視聴回数を伸ばしやすい傾向があります。


④動画編集に関する知識がなくても参戦できる

TikTokには、動画を作成するための音楽や加工ツール、フィルターなどがすべてテンプレートとして用意されています。そのため、動画制作・編集に関するノウハウがなくても、簡単にデザイン性に優れた動画が作れます。

YouTubeのように、外部ツールを使って動画の作成や編集を行う必要がなく、TikTokならアプリ一つですべてを完結できます。これまで「動画マーケティング」はハードルが高くて挑戦できなかった方も、TikTokなら手軽に参戦することができます。


⑤宣伝色を出さず楽しく見てもらえる

TikTokは、他のSNSと比べて、明確な目的なく、おもしろい動画に出会えるからという理由で利用しているユーザーが多い傾向があります。また、TikTokが実施したユーザー調査によると、「広告をつい最後まで見てしまう」と回答した人は、他のSNSの平均と比べて143.8%も高いことがわかっています。

つまり、TikTokにおける広告やビジネスアカウントによる投稿は、他のSNSと比べてより楽しく観てもらいやすいという特徴があります。



⑥国内だけでなく海外ユーザーにもリーチできる

TikTokは、海外ユーザーも多いため、うまく活用することで国内ユーザーだけでなく海外ユーザーにも発信できます。特に、海外展開している企業の場合、国内に留まらず、海外のユーザーにもコンテンツを届けやすいです。

さらに、ショート動画の特徴も関係します。「Twitter」を代表とするテキストを中心とした投稿は、言語を理解できない限り情報は届かないものの、ショート動画であれば、言葉を使わずとも理解できるコンテンツを作成できます。

インバウンド向けの飲食店にはもってこいのSNSと言えます。


⑦消費金額が他のSNSよりも高い

TikTokは、他のSNSと比較して消費金額が高いというメリットもあります。

TikTokは他のSNSに比べ消費される金額が最も多く、金額は約8万5862円にもなるといいます。これは、他SNSを含めた全体平均(4万2538円)の約2倍を超えています。ユーザーには若年層が多いため、「TikTok経由で商品を購入するユーザーは少ない」「きてもどうせお金を使わない」と思われがちですが、大切な友人や恋人の誕生日、記念日にはしっかりと金額をかける若者も増えてきているため、実は商品やサービスを購入する可能性が高いのです。



🔻今取り入れるべきSNS

TikTokは若者が楽しむプラットフォームから、さまざまなユーザーが動画を楽しむものへ変化しており、徐々にTikTokに参入する企業も増えてきています。TikTokに参入している企業が比較的少ない今こそTikTokを取り入れていくべきだと言えます。



🔻実際にTikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのに、たくさんの魅力があり、フォロワー数など関係なく、誰でもバズる可能性があります。

今は平日の予約に少し空きがある、連日予約いっぱいの繁盛店になりたい、そう思っている方も少なくないと思います。今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

ビジネスアカウントを駆使し、自身の投稿の分析を行うことで、自身のお店をよりよく発信していくことが可能です。

現状の集客に満足されている方も、TikTokは取り入れるべきだと言えます。

周りが新しいことを始め、成長している中での現状維持はある意味「衰退」と言えると思います。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、まずはTikTokのプロの意見を聞いてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?

急激な成長を続けているTikTokでは、様々な広告が用意されていて目的や予算に応じて広告を変えていくことが可能です。

ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。

あなたの素敵なお店を衰退させないためにも、この機会にぜひあなたのお店でもTikTokを取り入れてみてください。




Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page