top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

飲食店にTikTokを活用したマーケティングが重要な理由と背景!





TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

TikTokは、さまざまな業界で集客ツールとして活用されています。中でも飲食・グルメ系のショート動画が爆発的に人気なので、参入を検討する企業や個人事業主が増えています。

今回はTikTokを活用したマーケティングが重要な理由と背景をご紹介します。


🔻重要な理由・背景

TikTokマーケティングが重要視されている理由として、インフルエンサーの影響力の高さにあります。ショート動画は、YouTubeのような一般的な動画に比べて尺が短いため、手軽に投稿できます。たとえ1分未満の短い動画でも、人気のインフルエンサーが登場していれば、一躍注目を浴びます。

さらに、アプリそのものが登場して間もないため、TikTokに参入している企業が比較的少ないところも理由の一つです。TwitterやInstagramなどのSNSは、登場から時間が経っているため、競合他社が多数存在しています。「インフルエンサーの高い影響力」と「競合他社の少なさ」から、マーケティングにTikTokを活用するケースが増えているのです。


🔻TikTokマーケティングのメリット


①情報拡散力がある

まず、TikTokには情報拡散力があり、その理由はTikTokのアルゴリズムが大きく関係しています。TwitterやInstagramなどのSNSは、「いいね」の数や「フォロワー」の数が多いほどユーザーに表示される回数が増えます。

一方、TikTokはアカウントの評価ではなく、動画単位で評価するシステムを採用しています。そのため、TikTokでは「アカウントの評価」や「フォロワー数」が表示回数に影響しないため、フォロワーが少なくても不利になりません


②ユーザーからの反応を得やすい

前述のとおり、TikTokは情報拡散力があるため、ユーザーからの反応を得やすいというメリットもあります。TikTokでは、「いいね」の数や「フォロワー」の数に加えて、シェアやハッシュタグなど、ユーザー行動履歴の分析に基づく優れたレコメンド機能があり、フォロワー数に限らず、さまざまなユーザーに視聴してもらえるチャンスが多いです。

そのため、他のSNSよりもユーザーからの反応が必然的に多くなります。これにより、投稿者やクリエイターのモチベーションにつながりやすい傾向にあります。


③フォロワー以外にもリーチができる

TikTokには、4種類の広告機能があることをご存じでしょうか。TikTokには、フォロワー以外のユーザーにも、閲覧してもらえるチャンスがあります。広告機能をうまく活用することで、フォロワー以外のユーザーへアプローチしやすくなるのです。



④国内だけでなく海外ユーザーにもリーチできる

TikTokは、海外ユーザーも多いため、うまく活用することで国内ユーザーだけでなく海外ユーザーにも発信できます。特に、海外展開している企業の場合、国内に留まらず、海外のユーザーにもコンテンツを届けやすいです。

さらに、ショート動画の特徴も関係します。「Twitter」を代表とするテキストを中心とした投稿は、言語を理解できない限り情報は届かないものの、ショート動画であれば、言葉を使わずとも理解できるコンテンツを作成できます。

インバウンド向けの飲食店にはもってこいのSNSと言えます。


⑤消費金額が他のSNSよりも高い

TikTokは、他のSNSと比較して消費金額が高いというメリットもあります。

TikTokは他のSNSに比べ消費される金額が最も多く、金額は約8万5862円にもなるといいます。これは、他SNSを含めた全体平均(4万2538円)の約2倍を超えています。ユーザーには若年層が多いため、「TikTok経由で商品を購入するユーザーは少ない」と思われがちですが、実は商品やサービスを購入する可能性が高いのです。



🔻今取り入れるべきSNS

TikTokは若者が楽しむプラットフォームから、さまざまなユーザーが動画を楽しむものへ変化しており、徐々にTikTokに参入する企業も増えてきています。TikTokに参入している企業が比較的少ない今こそTikTokを取り入れていくべきだと言えます。



🔻実際にTikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのに、たくさんの魅力があり、フォロワー数など関係なく、誰でもバズる可能性があります。

今は平日の予約に少し空きがある、連日予約いっぱいの繁盛店になりたい、そう思っている方も少なくないと思います。今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

ビジネスアカウントを駆使し、自身の投稿の分析を行うことで、自身のお店をよりよく発信していくことが可能です。

現状の集客に満足されている方も、TikTokは取り入れるべきだと言えます。

周りが新しいことを始め、成長している中での現状維持はある意味「衰退」と言えると思います。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、まずはプロの意見を聞いてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?急激な成長を続けているTikTokでは、様々な広告が用意されていて目的や予算に応じて広告を変えていくことが可能です。

ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。

あなたの素敵なお店を衰退させないためにも、この機会にぜひあなたのお店でもTikTokを取り入れてみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page