top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

飲食店が集客にTikTokを活用すべき理由

TikTokは飲食店にとって非常に重要な集客ツール


TikTokは、若い世代を中心に急速に普及しているSNSであり、飲食店にとっても重要なプラットフォームとなっています。特に以下の点において重要度は今後も強くなっていくことが予測されます。


広告効果が高い

TikTokは、動画を中心としたコンテンツが多く、飲食店の料理や雰囲気を映像で紹介することができます。また、TikTokの特徴である「ハッシュタグ」を活用することで、ユーザーの関心を引きつけることができます。そのため、広告効果が高いとされています。


ユーザー層が多様である

TikTokは、若い世代を中心に利用されていることが特徴ですが、最近は年齢層の幅が広がっており、幅広いユーザーにアプローチすることができます。


拡散力が高い

TikTokの特徴は、簡単に動画を共有することができる点です。ユーザーが飲食店の動画を共有することで、その情報が簡単に拡散されます。さらに、TikTok内で「いいね!」やコメントをもらうことで、ユーザーからのフィードバックを得ることができます。


クリエイティブな広告が可能

TikTokは、フィルターや音楽などの多彩な機能を備えており、創造性に富んだ広告を制作することができます。特に、飲食店の料理や雰囲気を紹介するための動画を制作する場合、TikTokの機能を駆使することで、魅力的な広告を制作することができます。


以上のように、TikTokは飲食店にとって、広告効果が高く、ユーザー層が多様で、拡散力が高く、クリエイティブな広告が可能な重要なプラットフォームとなっています。


そもそもTikTokとは


TikTokは、スマートフォンで簡単に動画を撮影し、編集・共有することができるショートムービー投稿アプリです。15秒または60秒の動画を撮影し、様々なフィルターや音楽を追加することができます。ユーザーは、投稿された動画を視聴し、いいねやコメントをすることができます。


TikTokは、2016年に中国でリリースされたアプリで、当初は「Douyin」という名前でした。その後、海外展開を図るため、2018年に「TikTok」として世界各国で展開されるようになりました。現在、世界中で数億人のユーザーが利用しており、若い世代を中心に大きな人気を誇っています。


TikTokは、短い時間で面白く、クリエイティブな動画を制作することができるため、様々な業界で活用されています。特に、飲食店などのビジネスでは、メニューの紹介や雰囲気の伝え方を映像で表現することができるため、重要なプラットフォームとなっています。



TikTokのユーザー層や利用状況


年齢層

TikTokのユーザー層は、10代から20代の若年層が中心です。特に、10代後半から20代前半の世代が最も多く、その比率は高いです。一方で、最近は年齢層が広がっており、30代から40代の世代も増加傾向にあります。


性別

TikTokのユーザー層は、男女ともに利用者がいますが、女性の比率が若干高いとされています。


利用時間帯

TikTokの利用時間帯は、主に夜間から深夜にかけて多くなります。週末の夜には、より多くのユーザーが利用する傾向にあります。


利用目的

TikTokの利用目的は、エンターテインメントや情報収集が主なものです。多くのユーザーは、面白い動画や、トレンドとなっているコンテンツを楽しむために利用しています。また、自分自身が制作した動画を投稿して、他のユーザーからフィードバックをもらうこともできます。


グローバルな利用

TikTokは、世界中で利用されており、アメリカやヨーロッパ、アジアなど、多くの国で人気があります。特に、アジア圏では、中国を中心に多くのユーザーがいます。また、海外から日本に旅行する外国人観光客も、TikTokを活用して、日本の飲食店や観光スポットを紹介することがあります。


以上のように、TikTokのユーザー層は、若年層を中心に広く利用されており、エンターテインメントや情報収集が主な利用目的です。また、グローバルな展開もされており、多くの国で人気があります。



飲食店にとってTikTokが重要な理由


商品やサービスの魅力的な紹介ができる

TikTokでは、15秒から60秒程度の動画を投稿することができます。この時間内に、料理の美しさや雰囲気など、商品やサービスの魅力的な部分を表現することができます。また、音楽や効果音などを利用して、より魅力的に演出することも可能です。


ユーザーとのコミュニケーションが容易にできる

TikTokでは、コメントやいいね機能があり、ユーザーとのコミュニケーションが簡単にできます。ユーザーからのコメントやフィードバックをもとに、改善点を把握したり、より良いサービスを提供するためのヒントを得ることができます。


ハッシュタグを活用した情報発信ができる

TikTokでは、ハッシュタグを活用して、同じテーマに関する動画を集めることができます。飲食店では、自店のハッシュタグを設定することで、より多くのユーザーにアクセスしてもらえるようになります。また、地域名やグルメ情報サイトのハッシュタグを利用することで、より多くの人々に情報を届けることができます。


店舗のブランディング効果が期待できる

TikTokは、特に若年層を中心に人気のあるプラットフォームであり、そのため、若い世代にもアプローチできるという点が大きな魅力です。動画を通じて店舗の雰囲気やコンセプトを伝えることで、ブランディング効果が期待できます。


以上のように、TikTokを活用することで、飲食店は、商品やサービスの魅力的な紹介、ユーザーとのコミュニケーション、情報発信、ブランディング効果などを期待することができます。



飲食店がTikTokを活用することで期待できる効果


マーケティング効果

TikTokは、若年層を中心に人気のあるプラットフォームであり、特に10代から20代のユーザーに多く利用されています。飲食店がTikTokを活用することで、若い世代にアプローチすることができ、新しい顧客を獲得することができます。


ブランディング効果

TikTokでは、店舗の雰囲気やコンセプトを映像で表現することができます。動画を通じて、飲食店の魅力的な一面を伝えることで、ブランディング効果を期待することができます。


評判形成効果

TikTokでは、投稿した動画に対してコメントやいいねをもらうことができます。ユーザーからのフィードバックをもとに、改善点を把握したり、より良いサービスを提供することができます。また、ユーザーが投稿した動画を再投稿することで、口コミ効果を期待することもできます。


販促効果

TikTokでは、商品やサービスの魅力的な部分を表現することができます。動画を通じて、飲食店のメニューやサービスをアピールすることで、販促効果を期待することができます。


情報発信効果

TikTokでは、ハッシュタグを活用して、同じテーマに関する動画を集めることができます。飲食店が自店のハッシュタグを設定することで、より多くのユーザーにアクセスしてもらえるようになり、情報発信効果を期待することができます。


以上のように、飲食店がTikTokを活用することで、マーケティング効果、ブランディング効果、評判形成効果、販促効果、情報発信効果などを期待することができます。



TikTokの投稿方法


TikTokの投稿は以下の手順で行うことができます。


TikTokアプリを開く

TikTokアプリをスマートフォンにダウンロードし、アプリを開きます。


新しい投稿を作成する

アプリを開いたら、「+」ボタンをタップし、新しい投稿を作成します。


動画を撮影する

TikTokでは、15秒または60秒の動画を撮影することができます。撮影する前に、カメラの向きやエフェクトなどを設定することができます。また、ミュージックライブラリから音楽を選んでBGMとして使用することもできます。


キャプションを追加する

動画を撮影したら、キャプションを追加することができます。キャプションは、動画の内容を説明したり、ハッシュタグを追加することができます。


投稿を公開する

投稿が完成したら、公開することができます。公開する前に、動画をプレビューして確認することができます。また、プライバシー設定を変更して、誰が投稿を見ることができるかを制限することもできます。


投稿を編集する(任意)

公開した投稿は、後から編集することができます。投稿の編集は、アプリ内で行うことができます。


以上が、TikTokの投稿方法の一般的な手順です。ただし、アプリのバージョンによっては、手順や機能が異なる場合があります。



TikTokを活用して成功した飲食店の事例


Jollibee(フィリピン発のファストフードチェーン)

Jollibeeは、TikTokを活用したキャンペーンを実施し、自社のバーガー商品に関連するハッシュタグを作成しました。ユーザーによる投稿が増えるにつれ、キャンペーンは急速に拡散し、数百万人の視聴者に届くことになりました。このキャンペーンによって、JollibeeはTikTok上での知名度を高め、新たな顧客層を獲得することに成功しました。



MrBeast Burger(米国のバーチャルレストラン)

MrBeast Burgerは、TikTokを活用して自社のメニューを紹介する動画を投稿し、TikTok上での注目を集めました。その後、TikTok上でバーチャルレストランの注文ができるようになり、TikTokユーザーからの注文が急増しました。その結果、MrBeast Burgerは、わずか1か月で国内100店舗以上を展開する大規模なチェーンに成長しました。



飲食店がTikTokを活用することで期待できる効果


広告効果の向上

TikTokは若年層を中心に多くのユーザーが利用しており、飲食店がTikTok上での広告を行うことで、多くのユーザーにアプローチすることができます。


ブランド認知度の向上

TikTokには独自のトレンドやハッシュタグが存在し、その中で飲食店が自社の商品やサービスを紹介することで、ブランド認知度を高めることができます。


新しい顧客層の開拓

TikTokは若年層を中心に多くのユーザーが利用しており、飲食店がTikTok上で新しい顧客層を開拓することができます。


ユーザーとのコミュニケーションの強化

TikTokはコンテンツを見たり、コメントをするなど、ユーザーとのコミュニケーションがしやすいプラットフォームです。飲食店がTikTok上でユーザーと積極的にコミュニケーションを取ることで、顧客との関係を強化することができます。



これらの効果が期待できるため、飲食店はTikTokを積極的に活用するべきだと考えられます。TikTokやSNSについて挑戦してみたい気持ちはあるが、一歩踏み出せない、自分で活用はしているが、期待通りの成果につながらないなどといった課題を感じている方は是非飲食店特化型TikTokマーケティング「BUZZ」へご相談ください。


最新のトレンドや飲食店の成功事例、集客につながるTikTok活用方法などを丁寧にご説明致します。





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page