top of page
  • BUZZ | TikTokマーケティング

焼肉店のTikTok活用事例!取り入れるべき理由もご紹介



TikTokは、ショートムービーを投稿して共有する形式となっており、幅広いジャンルの芸能人やインフルエンサー、飲食店やテーマパークなどの企業も多く取り入れています。

特に10代、20代前半、いわゆる「Z世代」からとても支持されているSNSです。

世界全体での利用数はなんと10億ユーザー越え。

世界的にも多く使用されている”TikTok”。

今回は焼肉店のTikTok活用事例と取り入れるべき理由もあわせて紹介していきます。


🔻料理の調理過程を共有する

焼肉の調理過程を短い動画で紹介します。お客様にどのように焼いて楽しむかを示し、美味しそうな焼肉の映像を提供することで来店の動機づけになります。


   🔍検索ワード:焼肉




🔻メニュー紹介

TikTokを使用して、焼肉店のメニューを紹介します。料理名、特徴、おすすめの組み合わせを説明することで、一番食べてほしい注目商品をピックアップすることもできます。また、期間限定商品などの一時的な商品でも集客に繋げられると言えます。






🔻料理の美味しさをアピール

焼肉を食べる楽しさや美味しさを伝えるために、食べるシーンをキャッチーな音楽とともに撮影します。美味しそうに食べる姿を強調することでユーザーの食欲を掻き立てることができます。




🔻裏側を公開

焼肉店の裏側やスタッフの日常を紹介します。料理の製作過程やスタッフの紹介など、興味深い情報を提供することで「行ってみたいな」と思わせることが大切です。また、スタッフの生き生きとした姿は、求人にも繋がりやすくなります。




以上が焼肉店におけるTikTokの活用事例でした。意外とご自身でもできるかな?という内容もあったのではないでしょうか?

なぜ上記のようにTikTokを活用することがいいのか、理由もご紹介します。



🔻若い世代にリーチすることができる

最初にもお伝えしたように、TikTokのユーザー数はすでに10億人越え。国内でのユーザー数は公表こそされていないものの、隣の人の携帯を覗けばダウンロードされていることが多いのではないでしょうか?TikTokは特にZ世代と呼ばれる若い世代に人気があります。飲食店を探す際にインスタグラムやTikTokを使用して好みのお店を探す若者が多いため、リーチしたい層が若者の場合、とても有効と言えます。ただし、30代以降のユーザーも一定数いるため高級業態などではとても有効だと言えます。



🔻リアルタイムな情報共有が可能

TikTokはリアルタイムな情報共有に向いています。特別なイベントやキャンペーン、限定メニューの提供など、共有したい情報を瞬時に伝えることができるため、多額の広告費をかけずに認知度を広めることができます。


🔻ユーザーの意見などを聞ける

TikTokのユーザーはコメントやいいねを通じてコンテンツに参加しやすいです。視聴者との対話を通じて、お店への興味を深め、ファンを増やすことができますし、飲食店の課題などについてもユーザーのコメントによって発見することができる場合もあります。


🔻拡散力がどのSNSよりもある

多くの共感を呼ぶコンテンツはTikTok上でバズる可能性があります。一つの動画が広まることで、多くの人々に店舗の存在や魅力が知られるチャンスがあります。

お金をかけずに集客に繋げられるチャンスが誰にでもあるということです。バズった動画に広告をかけてさらに認知度を拡散するなんてことも可能です。大繁盛店までの道のりは案外そう遠くないかもしれません。

他のSNSをあまり活用していなくても連日予約で満席になるなど、実際に集客につながった実例は少なくありません。それだけTikTokには希望が詰まっているということですね。

日本中に焼肉屋がある時代ですので、より早く取り入れ、周囲との差別化を図っていくことが重要だと言えます。



🔻TikTokを活用してみよう

TikTokは無料で使用できるSNSなのにこんなに魅力があるんです。

今までの一般的な集客方法ではなかなか結果につながりにくい時代となってきているので、まずは流行りのSNSを取り入れてみることも集客にとって大切な一歩と言えるでしょう。

実際にTikTokを始めてみたけど思うように再生数が伸びないことや、思ったように集客に繋がらないことも少なからずあると思います。

バズらせより多くのユーザーに知ってもらい集客に繋げる為には、常にオリジナリティを大切にしつつ、流行りに敏感になりながら、フォロワーの興味を引くような工夫を重ねて行かなければなりません。

自分では案が浮かばない、流行りについていけない、そもそも動画作成に充てる時間が取れない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、焼肉店が繁盛するプロセスを知っているプロに任せてみるのはいかがでしょうか?


TikTokの広告運用代行会社に依頼するのも有効な手段

飲食店がTikTokで集客する際は、TikTokの広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokで自分で集客を行うとなると、コンテンツ制作や戦略設計などでかなりの労力が必要となってしまいます。

しかし、TikTokの広告運用代行会社に依頼すれば、以下のような作業を代行してもらえます。

動画コンテンツ企画・作成・編集投稿文作成・タグ選定TikToker(ティックトッカー)アサイン投稿、アクション管理(いいね・コメント返信)、広告運用代行

TikTokの広告運用代行会社を利用すれば、本業の店舗運営に集中しながら集客を行うことが可能になります。

そのため、SNSの知見が無い場合や、できるだけ本業に集中したいといった場合は、TikTokの運用代行を検討してみるのが良いでしょう。 さらに、ここでは飲食店だけに特化したTikTok広告運用代行を行なっているBUZZというサービスがあるので、ご紹介いたします。飲食店に特化してTikTok広告を運用しているのはBUZZだけなので、以下のリンクから詳細をご確認ください。


まとめ

いかがでしたか?たくさんある焼肉屋だからこそオリジナリティを発揮し周囲と差をつけていかなければならないため、ご自身ではなかなか始められないという方も、まずはTikTokについて理解を深め、プロの意見を聞いてみるというところから始めてみるのはいかがでしょうか。この機会にぜひあなたの焼肉店でもTikTokを取り入れてみてください。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page